MENU

お風呂に入る時に気を付けたい事が分かる。

乾癬 お風呂の順番

お風呂の入り方に気を付けたい事は
2つの注意点があります。

  • 温度
  • 頭や身体を洗う順番

これを守るだけでお風呂上がりの肌の
痒みを抑える事が出来ます。

温度にこだわる事こそ乾燥対策

乾癬 お風呂の温度

あなたはお風呂の温度を意識していますか?

 

身体を乾燥から守る保湿成分と言うのは
お風呂の温度が高いと流れ出て
しまうという性質を持っています。

 

ですから、温度と肌の乾燥は
密接に関係しいると言えます。

 

私の経験上、自分の体温に合わす事が
とても重要で体温を測る事から
始める事をおすすめしています。

 

例えば、あなたが36.5度の体温なら
お風呂の温度は35.5度から37度程度が
望ましいと思います。

 

それは体感的には『ぬるい』と感じる
温度が適温だと言えるのです。

頭や身体を洗う順番通りにする理由

乾癬 身体を洗う順序

『痒みの原因を根本的に無くしたい』

 

お風呂上がりに肌が痒くなる原因は
乾燥や温度が原因ですが、実はもう一つあり
意外と分からないものです。

 

ちょっとした事で防ぐ事が出来るので
おすすめしたいと思います。

 

お風呂の入り方は基本的に、上から洗い
下で終わるのが基本です。

 

その一番の理由は、ぬるぬる成分の
シャンプーが肌に付着しなかなか
洗い流せないから!が理由です。

 

ぬるぬる成分が付着した状態で
お風呂からあがると肌に痒みを発生
させてしまいます。

 

痒みが起こる理由をしっかりと
認識しているだけで防ぐ事が出来る
簡単な方法ですので正しく理解する事を
おすすめします。

お風呂で気を付けたい事の特別篇

乾癬 温泉

 

乾癬治療の一環で、温泉などお風呂に
つかる事で治せる!と言う記事を観ます。

 

それは否定はしません。
ですが、詳細がしっかり書かれておらず
逆に悪化してる方も多いのでは?

 

そう思うので注意喚起として記載します。

乾癬患者は肌がボロボロで肌に傷がついてる
状態です。

 

ですから、いつ洗ったか分からないお風呂や
温泉だと雑菌やウイルス、カビ菌の付着が
あると予想が出来ます。

 

そのお湯で何十分も浸かる事を想像して
下さい。それはとても恐ろしい事です。

 

それに、先ほどあげた温度設定の話。
もしかすると乾癬の治療をするにあたり
最悪の環境を作り上げてる可能性があります。

 

充分に注意をする必要があります。
私は、シャワーのみをおすすめします。

 

>次のページのおすすめはこちら。
●温泉につかると乾癬が治る理由とは?